原料はタキロンなどの通販が安心|違いを見極めオトクに活用

機械

砂を使った方法

作業員

アルミ鋳物を制作する場合、砂型鋳物による方法が利用できます。比較的安価で利用出来る砂型鋳物はたくさんの試作品を作ることに適しており、砂の種類によっても鋳造の効果も変わるのです。

高品質の金属鋳物

機械

砂型鋳物とは違い、金属鋳物はクオリティの高いアルミ鋳物を鋳造することに向いています。細かな形状の製品が鋳造できるほか、高い圧力で成形させられるので、耐久性も高い製品を鋳造することができるのです。

品質に定評がある

機械

製品の立体抜型を行なう場合、トムソン型の抜型が利用できます。トムソン型の抜型は、精密性や耐久性にも秀でたものなので、利用することが立体抜型でも高いクオリティの物が作成できます。多くの工場では、他にもアルミ鋳物を使った製品が利用されています。アルミ鋳物では、砂型鋳物や金属鋳物を選ぶことができるので、コストの安さや耐久性、精密性の良さから選ぶ事ができるでしょう。プラスチック成形では簡易金型による成形がスタンダードであり、さらに試作品を整形するには光造形による方法が最適といえます。鉄製の部品を多く取り扱っている工場はインターネットでも良く見かけます。通販によってさまざまな部品の種類、または形状や大きさ、耐久性などが違った部品を購入できるので、個人から企業まで幅広く利用することができるでしょう。

タキロンは、多くの樹脂製品を取り扱う企業です。歴史もあり、数多くの会社からも契約を結んでいるタキロンは、取り扱う樹脂の製品も高い品質とクオリティがあると評判なのです。プラスチックによる部品はたくさんの製品があるだけではなく、現在ではその高い耐久性によって建材にも使用されるものであるため、樹脂ごとの特性などを把握しながら、高い品質を誇るタキロンに注文を行いましょう。タキロンは通販での利用も行なうことができるので、一括受注によってコストを安く抑えながら、製品を手軽に購入しましょう。

使い分けて活用できる

作業員

プラスチック成形を行なう場合、オーソドックスな方法が簡易金型を使用する方法です。しかし、たくさんの試作品を成形すると、金型の分の高いコストが掛かるので、光造形などによって費用を抑えましょう。